コロナ時代のコスト・モデル

コロナ・ショックにより引き起こされた経済不況の中、生活者の財布のひもは固く締められている。食品や生活必需品ならまだしも、他の商品やサービスの場合、「買う気を起こさせる」のは困難を極める偉業だ。そして、比較的安定した売上を上げている店舗も順風満帆というわけではなく、防護用品の整備、コロナ感染防止対策としての新しいプロトコルの執行にまつわるコストがかさみ、利益を食いつぶしている。

詳細 コロナ時代のコスト・モデル

テレワークの時代に「会社」としての一体感や仲間意識を維持するには?

コロナショックがきっかけとなって、アメリカ中のオフィス・ワーカーというオフィス・ワーカーが一気に「在宅勤務」を強いられることになった。一時はアメリカの人口の95%が「ロックダウン」となり、「テレワーク(アメリカでは「リモート・ワーク」)が突如としてメインストリームな働き方となった。・・・そこで浮き彫りになってきたのが、「オフィス」という場所/物理的な空間が、従業員のエクスペリエンスやエンゲージメントにどんなに大きく貢献していたかという事実だ。

詳細 テレワークの時代に「会社」としての一体感や仲間意識を維持するには?

ウーバーとグラブハブ:生き残りをかけた憎まれっ子同士の合併

米ライドシェア最大手のウーバーと、料理宅配サービス最大手のグラブハブが合併交渉中というニュースが報道され、話題になっています。コロナ・ショックの影響で、ウーバーが本業とする「人」の輸送ビジネスが大きな打撃を受ける中、かたや宅配需要が急騰し事業的には大繁盛している料理宅配業者を買収することで、生き残りを図ろうという動きです。

詳細 ウーバーとグラブハブ:生き残りをかけた憎まれっ子同士の合併

コロナの好機:医療サービス会社としてアマゾンは飛躍できるか?

アマゾンによるホール・フーズ・マーケットの買収を予測したことで一躍有名になったニューヨーク大学マーケティング学教授のスコット・ギャロウェイ氏。同氏の最新の予言は私を含めアメリカの産業界を覚醒させるものでした。それは、『近い将来、アマゾンがプライム会員を対象にコロナウイルスの検査キットを提供するだろう』というのです・・・

詳細 コロナの好機:医療サービス会社としてアマゾンは飛躍できるか?

未曾有の危機に直面するホテル業界に未曾有の好機が?

ロックダウン(外出禁止令)が長期化するにつれて、在宅勤務に難しさを感じる人が増えています。そこに助け舟を出しているのがホテルやモーテルなどのホスピタリティ施設です。ロックダウンの直撃を受けて、ホテルの多くが売上の損失にあえいでいます。そこで、少しでも収入を得る手段として、ひとりになれる空間で集中して仕事を片付けたいと願う人たちに、宿泊なしで部屋を提供するホテルが出現しているというわけです。

詳細 未曾有の危機に直面するホテル業界に未曾有の好機が?

白熱するアメリカの「お尻洗浄器」市場

日本では、TOTOの「ウォシュレット」が1980年に発売されて以来、温水洗浄便座が日々の生活の中にすっかり定着しています。「ウォシュレット」の前身は、なんと、TOTOが1960年代に販売を手掛けていたアメリカからの輸入品らしいのですが、そのわりには、「お尻洗浄器」はアメリカではまったくといっていいほど普及していません。しかし、コロナ・ショックがすべてを変えてしまいました。

詳細 白熱するアメリカの「お尻洗浄器」市場

危機的状況から学ぶイノベーションの教訓

世界中の企業が、実に素早くコロナ・ウイルスとの戦いに参戦している。これは称賛されるべきことではあるが、多少不思議なことでもある。危機的状況にこれだけのスピードで対応できる企業が、平常時のイノベーションに関しては実に腰が重いのはいったいなぜだろう。
これらの企業で、普段、イノベーションの妨げになっているのは・・・

詳細 危機的状況から学ぶイノベーションの教訓

ポスト・コロナの「価値観」とブランディング

現在、アメリカの人口の95%、さらに、世界の人口の約3分の1が「ロックダウン」状態にある。コロナ後にどれだけの生活者が店舗に戻るのか、それは未知数だ。ロックダウン中に自由にショッピングを楽しめなかったフラストレーションが、開放感とともに需要を押し上げるかもしれないし、「消費しないことが美徳」という新しい価値観が生まれるかもしれない。コロナ後の不況がどれだけ深刻化するかも要因のひとつだ。

詳細 ポスト・コロナの「価値観」とブランディング

「緊急事態宣言」の中で、立ち止まらないことの重要性-コロナ後の未来を考える

コロナ・クライシスの影響で、休業を強いられ、売上獲得の道をほとんどすべて絶たれているところ、また、売上が激減する中で、少しでも収入を得ようと工夫を凝らしているところ、あるいは、何らかの事情でコロナ・クライシスが需要の急騰を引き起こしその対応に追われているところなど、企業によっておかれている状況は様々だと思います。しかし、その中で共通しているのは、「この危機的状況の中で、企業として『何をするか』『どのように振る舞うのか』によって、会社の真価が問われる」ということです・・・

詳細 「緊急事態宣言」の中で、立ち止まらないことの重要性-コロナ後の未来を考える

コロナクライシス生き残り作戦―米レストラン・チェーンの苦肉の策とは?

コロナ・ウイルス感染拡大防止を目的とし、アメリカの全人口の95%が「ロックダウン」状態にある中、ファストフード・レストランおよびクイック・サービス・レストラン大手数社が、追加売上の獲得を睨み食品およびサプライの販売を始めています。危機的状況の仲、生き残りをかけて企業は様々な工夫を凝らしています。

詳細 コロナクライシス生き残り作戦―米レストラン・チェーンの苦肉の策とは?