会報一覧

【会員限定】「肯定的信条」が健全な組織をつくる

知らず知らずのうちに、私たちの生き方を左右する「力」がある。それは「信条」、私たちが信じていることだ。・・・会社のリーダーが自分の信条が自分の考え方や行動に与える影響を認識することは、会社全体にとって必要なことだ。なぜかといえばそれが会社の生産性に大きく関わるからだ。自分の信条についてより良く理解できれば、それを変えることもできるし、結果として仕事や世の中との関わり方も変えることができる。

【会員限定】『社員の尊厳を守る「辞め方」「辞めさせ方」』

コア・バリュー経営では、個々の社員の人としてのWholeness(全人格)を尊重することが重要になります。社員を「資源」として見ると、辞められることが迷惑で不快なことのように受け取られますが、各個人を尊重して、ひとつのステージ(会社)から別のステージ(会社)へのトランジション(移行)を支援すると考えることによって、会社と社員の双方にとって価値ある体験が生まれます。

【会員限定】あるスモール・ジャイアンツのコア・バリュー・ストーリー(第三回)

私たちの会社では、「共感する」「弱みを共有する」「オープンである」ことを通して信頼を育む。また、「ナイスである」ことを通して、お互いを信頼し、正直になれる環境をつくっている。私たちは事業について、そしてお互いについて心の底から気遣い合う家族のようなものだ。

【会員限定】あるスモール・ジャイアンツのコア・バリュー・ストーリー(第一回)

コア・バリュー経営協会では、コア・バリュー経営の実践企業において、社員による「コア・バリュー・ストーリー」が共有されることを奨励しています。「コア・バリュー・ストーリー」と言われてもいったいどんなものかピンとこない、という皆さんのためにアメリカのスモール・ジャイアンツの例を用意してみました。今回から6回続けてお届けしていきます。