近年、企業の長期的な成長戦略の隠れた一要素として注目されている「企業文化」。このカテゴリーでは、「企業文化とは何か」「なぜ、企業文化が重要なのか」といった基本的なことから、ザッポスをはじめとした優れた企業文化をもつ会社の事例まで、会社が社員ぐるみで意図し、皆でつくる「戦略的企業文化」をめぐる諸々の情報を掲載しています。

従業員が語る4万2,000個の「パーパス・ストーリー」―KPMGの事例

会社のコア・パーパスを、日々の仕事に関連づけて話し合う機会を持つことが、働く人のエンゲージメントやロイヤルティや、モチベーションに大きな影響をもたらすことを表す事例を紹介します。会計事務所としては屈指のグローバル企業であるKPMGでは、会社のコア・パーパス(社会的存在意義)を再定義するために、全世界の従業員たちにひとつの質問を投げかけました・・

詳細 従業員が語る4万2,000個の「パーパス・ストーリー」―KPMGの事例

コア・バリュー就活のススメ:価値観を共有できる会社を探すには

アメリカのあるビジネス・ニュース・メディアが「理想の職場を探すための三つのアドバイス」と題する記事を掲載していました。記事を読みながら、考えを整理してみました。以下に、『コア・バリュー就活のススメ』と題し四つのアドバイスにまとめています。

詳細 コア・バリュー就活のススメ:価値観を共有できる会社を探すには

筋を通す会社が支持される:パーパスや信条を貫くリーダーシップ

かつては「質の良い商品」をつくり、それが生活者の手に簡単に行き渡るように流通チャネルを整え、マス広告を通じてその機能を的確に説明して、ひとりでも多くの人の耳に届くようにすれば売れた。だが今日では、たとえば「サステナビリティ(環境・社会・経済の持続可能性)に配慮する企業から買うことが重要」と考える生活者が83%を占めている・・・

詳細 筋を通す会社が支持される:パーパスや信条を貫くリーダーシップ

パーパス・バイヤーの時代

今日、アメリカで最大の消費者層を形成する「ミレニアル世代(1980年から2000年の間に生まれた世代)」は、「パーパス・バイヤー(目的志向の購買者)」とも呼ばれる。彼らは、自らの信条に合致しないブランドは「買わない/乗り換える/ボイコットする」と、主張が極めてはっきりしている。こういった新しいタイプの消費者の存在が、企業(マーケター)の常識を覆し、「ブランディング」の考え方やアプローチの刷新を迫っている。

詳細 パーパス・バイヤーの時代

「リモートワーク」は、企業文化に死をもたらすのか?

新型コロナウィルス感染拡大による三カ月の体験を通して、アメリカのホワイトカラー・ワーカーの多くが、生産性や機能的な側面からいえば、オフィスでも在宅でも支障なく仕事をこなせることに気づいた。しかし、「同僚」同士が顔を合わせることがめったになくなった今、どうやって「企業文化」を維持していくのか、また、「コラボレーション」を促進するのかがリーダーシップの悩みの種となっている・・・

詳細 「リモートワーク」は、企業文化に死をもたらすのか?

「緊急事態宣言」の中で、立ち止まらないことの重要性-コロナ後の未来を考える

コロナ・クライシスの影響で、休業を強いられ、売上獲得の道をほとんどすべて絶たれているところ、また、売上が激減する中で、少しでも収入を得ようと工夫を凝らしているところ、あるいは、何らかの事情でコロナ・クライシスが需要の急騰を引き起こしその対応に追われているところなど、企業によっておかれている状況は様々だと思います。しかし、その中で共通しているのは、「この危機的状況の中で、企業として『何をするか』『どのように振る舞うのか』によって、会社の真価が問われる」ということです・・・

詳細 「緊急事態宣言」の中で、立ち止まらないことの重要性-コロナ後の未来を考える

コロナ・クライシスを乗り切る、レジリエントな組織とは:リーダーへの提言

危機を乗り切る「レジリエント」な組織の特徴とはどのようなものでしょうか。この時代におけるリーダーの役割とは何でしょうか。まず、「レジリエントな」組織とは、「結束の固い」組織です。そして、「結束の固さ」は何によってもたらされるかというと、ずばり、「組織とそれに属する人たち」、そして、「組織の中の人と人」の間に存在する「信頼」です。

詳細 コロナ・クライシスを乗り切る、レジリエントな組織とは:リーダーへの提言

「個」のサービス体験創造と、価値観の共有

1914年に米・フォード社が導入した大量生産方式は、各工程を単純化し、作業員のスキルに依存しない仕組みを築き上げました。しかし、工業主体の経済が徐々にサービス経済、そして知識経済に移行するにつれて、この仕組みに歪が出てきました。そして、新しい時代の会社組織のプラットフォームとして、「戦略的な企業文化」の構築が、今、アメリカでは熱い注目を浴びているのです。

詳細 「個」のサービス体験創造と、価値観の共有

企業文化にいつ取り組むべきか

企業文化にはどのくらいの時期から取り組むべきなのでしょうか?起業して間もない頃というのは、人数も少ないので意思の疎通がしやすく、同じ気持ちで働けることが多いのです。ところが人数が多くなってくると、価値観にばらつきが出てきます。

詳細 企業文化にいつ取り組むべきか

VOC(ボイス・オブ・カスタマー)ならぬ、VOEプログラム(ボイス・オブ・エンプロイー)の必要性

「VOC(ボイス・オブ・カスタマー)」プログラムは、かなり以前から企業で活用されてきました。特に、90年代になり、「顧客主導型市場」などという言葉がビジネス界のキーワードのようになってきた時代には、顧客の声を聴くことの大切さがいろいろと討議されてきました。では、なぜ、「働く人の声を聴く」ことが重要なのでしょうか・・・

詳細 VOC(ボイス・オブ・カスタマー)ならぬ、VOEプログラム(ボイス・オブ・エンプロイー)の必要性