コア・バリューとは

コア・バリューって何?

コア・バリューとは、企業が最も重要であると考える価値観であり、日々、社員が考え、行動する上での指標として定めるものです。企業の「魂」や「信条」、またそこで働く個人の「考え方」や「働き方」の基盤になるものといえます。

個人にも、国家にも、あるいは家庭にも「価値観」が存在しますが、その「価値観」はふつう自然発生的なもので、私たちは日々、無意識のうちに「価値観」に基づいてあらゆる判断を下しています。

コア・バリューをつくるには

◆絞り込む

コア・バリューは、無数に存在する価値観の中でも「中核となる」価値観。企業が自らのアイデンティティとして、「これだけは譲れない」というものを定める。多くても十個以内に収めるのが妥当。

◆創業者や経営トップが原案をつくる

創業者、あるいは経営のトップ(CEO、代表取締役社長等)やリーダーが、「どんな会社をつくりたいのか」という自らの熱い想いを土台に原案をつくることから始まる。

◆現場の意見をつのる

社内のあらゆる部門、部署、チームから人を集めて、コア・バリューの定義に携わる「委員会」をつくる。その「委員会」に属する人たちが、現場の人たちの意見を聞くなど、現場のフィードバックを得る何等かの方法を設ける。そのようにして、現場の人たちが「理解」「共感」「納得」できるコア・バリューにする。

会社のコア・バリューを考えるうえでのヒント

会社のコア・バリューを考える時は、次のような問いかけがヒントになります。

  1. 会社の「名物社員」、あるいは皆から尊敬されている/お手本にされている社員をひとり思い浮かべる。その人のどんな在り方・行動・考え方が尊敬されている/お手本にされているのだろうか。その根底にある「価値観」は何だろうか。
  2. 会社で称賛される。あるいは奨励されている在り方・行動・考え方は何か。その根底にある「価値観」は何か。
  3. こういう時は、うちの会社ではこうするのが「あたりまえ」という例を考える。そのあたりまえの根底にある「価値観」は何か。

パーソナル・コア・バリューとは

会社の経営トップやリーダーが自分自身の「パーソナル・コア・バリュー(個人のコア・バリュー)」を明確にもっていることも大事。以下のような問いかけをヒントに考えてみましょう。

1.私にとって「成功」とは。その根底にある「価値観」とは何か。

2.人生の転換期となった「重大な決意(あるいは選択)」とは。その根底にある「価値観」とは何か。

3.尊敬する人はどんな人か。その人が体現するどのような価値観に共感するのか。

 

コア・バリューについてより詳しく学びたい方は

「コア・バリューのつくりかた」セミナー

 

コア・バリュー経営開発提唱者、石塚しのぶへのご連絡はこちら